HOMEブランドリポートFISCHER > ブランドについて

勝つ為に、いい板を作るゲルマン職人気質の通った老舗ブランド

さまざまな分野で活躍

フィッシャー_メインイメージ_r1_c1.jpg 創業1924年というフィッシャー社は、その技術力の高さから、スキーのみならず、航空、自動車、自転車、テニスなどのさまざまな分野に携わっている。中でも航空産業への進出は、スキーにも大きな技術革新をもたらした。航空機の床材、室内部材、オーバーヘッドコンソール(頭上の荷物置き)を製造するにあたり、真空で均一性のある精度の高い成型技術を開発、それと同じ技術を用いて、スキーのバキュームテクニック('84)を作り出したわけである。強度を維持しながら中は真空である為、軽量化をはかることに成功し、以後「フィッシャーのスキーは軽い」というイメージが作り出された。

オーストリアナショナルチーム使用率No.1

スポーツは健康のために行うという人もいれば、競い合うからおもしろいと感じる人もいる。パフォーマンスを向上させていくことは楽しいことであり、前よりは上手く滑れるように、速く滑れるように、という目標ができれば楽しみが増える。フィッシャーというメーカーは、こういう目標を持った人たちの強い味方と言える。"勝つ為の板は、スノースポーツをやる人すべてにとって、いい板である"という職人たちの強いメッセージが聞こえてくる。
オーストリアナショナルチーム26名のうち23名が使用しているというから、フィッシャーというブランドの評価の高さがうかがえる。
"Enjoy Innovation"というコピーが表しているように、フィッシャー職人気質は現状で満足することなく、常に新しいモノ作りに挑戦している。

SNOWCAN SHOP
AMC 570 RF

AMC 570 RF

VI INSPIRE RF

VI INSPIRE RF

このページの一番上へ